鶴齢ひやおろし

2015829164410.JPG

暑く厳しい日が続いた夏でしたが、8月もあと2日となり秋めいた日が多くなりました。

9月頃になりますと酒蔵からは「ひやおろし」が出荷されます。

「ひやおろし」とは、昔は寒造りで冬から春先にかけて仕込まれたお酒は火入れをした後、酒蔵に貯蔵され、そして暑い夏が過ぎ、外気温が貯蔵用の大桶の温度と同じくらいになりますと、お酒は円熟したまろやかな味わいになり小桶に分けて(おろして)出荷されました。

これを「ひやおろし」といい、熟成したその味わいに酒ツウの人達は心待ちにしていたといいます。

秋の訪れとともに味わえる旨みあるお酒です。

今年一番の「ひやおろし」が入荷しました。

「鶴齢特別純米ひやおろし」1.8L 3,348円 720ml 1,675円

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30